コンピュータ

またもや地震雲

DSC_0003

オーディオができないせいか、コンピュータばかりこの頃弄んでいる。

メモリを載せ替え、BIOSをバージョンアップし、usbポートを増設した。この他にもケーブルやモジュラー線の選択・交換、SSDによるバックアップディスクの新設など、かなりのお金をつぎ込んでいる。

お金に余裕はないが、愉しさ優先である。
少しでも愉しみを見出して熱中しないとやってられないといった感じもある。

この後はVHSテープとレーザーディスクのデジタル化の作業がある。
mcIntoshとWadiaが修理から戻れば音楽に浸れる。
ギターの練習も再開したい。

趣味で自分を鼓舞させて、お酒を飲んで、愉しさを創造しなくてはならない。
生きることはたいへんだ。

ところで、地震雲が今朝また出た。何も起こらなければよいが…(このエントリーは、昼休み中にパパっと書き散らしました)。

のっている日

2018_12_28-110849~2

今日は何故か「のっている日」。

我が家では、神棚へのお供えのお取替えは、きっちりと1・15日ではなくて、その日に一番近い休日に行っています。
今日はお供えの日。祝詞奏上のあと先日のサマージャンボのお礼を申し上げ、龍神様やを虹の橋を渡ったワンコたちへもお供えしました。

その甲斐もあってか、自分のコンピュータのメモリの「相性問題」は解決するし、妻のコンピュータのハードディスクSSD化計画もうまくいきました。
具体的には、私のPCは無事32GBの大容量になりましたし、妻のPCはVista時代のノートパソコンですが、HDDからSSDへの載せ替えに成功して「ReadyBoost」さえ不要になりました。

お金を払っているのだから言ってもいいかと思うのですが、妻のHDDをクローン化するにあたって有料版の「EaseUS Partition Master」は全然役に立たちませんでした。拘ったことで却って長時間のロスが起こりました。

ところが無料版(ウィルスソフトに引っ掛かったケド)の「MiniTool Partition Wizard」を使用してみると、あっさりと問題が解決しました。感謝の意を込めて、早くに有料版を購入することをここに記します。

コンピュータは謎が多くて解決までに時間がかかりますが、知識と技術とが見に付くので好きです。
オーディオ修理の知識と技術も涵養したかったですね。

フジクラ電線でコンピュータ用の電源ケーブルを作ってみた

DSC_0012~2

電源ケーブルを久しぶりに作りました。パソコン用です。

今日は午後から職場が停電になるので年休を半日とり、今日届くようにオヤイデから電線グッズを取り寄せ、妻が外出中にブレーカーを落として作業を愉しみました。

ネット機器のために備えたトリプルコンセントを、定番のコンセントのWN1318Kに交換してただけで汗だくに。雨が降って蒸していたせいもありますが、電気機器のセッティングをするときは何時も大汗をかいてしまいます。

メジャーで凡そ50cmだったので、フジクラの3.5sqの3芯の電線を60cmに切り落とします。手持ちの貧相な道具では、確かに硬い。3k円程度のニッパーなら一発だよナと思いながら、あらゆる刃物を総動員させてなんとか切り分けました。

このケーブルを電工ペンチで皮膜を剥いて、メッシュを被せて端をスミチューブで固定します。プラグは雷サージのタップに刺すので、アースピンが抜けるWF5018K、インレットは道具箱にあった古いフルテック。

出来上がりは上々。ところが実際に繋いでみると、長い!
ケーブルが硬いこともあってコンピュータの位置を根本から変えなければなりません。
仕方がないので更に短く作り直しました。

さて期待を込めてスイッチをON。ディスプレイに映る画像は明るさが増して、コントラストもバッチリ。
レーザーディスクを録画した映像も、木目が細かくなったものもあります。
音は正直なところ良くわからない。理由はPCで聴いていなかったから。しかし高音は籠もらず、腰の低い音だと思います。

映像を見るにはソフトが古いんだよね。
コンピュータに添付されていたのはPowerDVD12、最新型はDVD19。性能的にもう別物だと聞きます。
PowerProducerに至っては5.5 。最新型は6なので問題なさそうですが、2012年に開発が終了して最新型はPowerDirector1717。完全に別物です。

一太郎2005ユーザーの私でも、A&V関係は新しいのを使いたい。

近い未来、電子製品は機器本来の性能以上に、ソフトウェアがバージョンアップして「新機種」になるんだなと改めて思いましたとさ。

ソフトウェアの再インストール

DSC_0002~2

仕方なしではあるがパソコンのシステム構成を改めるのだからと、ソフトウェアのアンインストールとインストールとを改めて行った。

私は「一太郎2005 」や「筆王2006」など15年前のソフトを未だに使っている。住所が一部変更した以外は不都合のないところが、これらのソフトの偉大なところだ。

しかし何かある度にいちいち箱からCD-ROMを取り出すことは不便である。そこでusbメモリにディスクを丸ごとコピーすることを思いついた。
ボサっとしているうちに携行メモリーの容量が大きくなったことで、シェアウェアソフトやフリーソフトはもちろんのこと、かさばるCD-ROMのインストールディスクさえも全て取り込めるようになっていたのだ。

「CCleaner Professional」も購入して、準備は整った。

windowsの「設定/ アプリと機能」を使って、FFFTPやプリンタードライバーなどを除いたソフトウェアを順次アンインストールしていった。

ほぼ丸裸にしてから「CCleaner」を使って不要ファイルとレジストリのクリーニングを行い、「Todo Backup Home」でバックアップをした。
その後、シェアウェア/ フリーソフト用のフォルダを作って、必要なソフトウェアのインストールを片っ端から続けた。

元のような環境に戻してから再びバックアップをとり、パソコンの仕切り直しは完了した。

インストールし直してからまだ使い込んでいないので、安定しているかどうかは不明である。しかし今回の再構築にはかなり資金を投入したので、どうか無事に働き続けてほしいものだ。

ディスク管理にと、「CrystalDiskInfo 7 Shizuku Edition」を導入した。以前から使っている東芝製のハードディスクはまだまだ元気で何よりだ。

20年間のデータをオーバライトしてしまう

Screenshot_20190708-172645~2

画像データは各フォルダに分散していた。何年にもわたるデータ量故に、結構なGB量である。クラウドには自分すら忘れていた写真があったりする。この発見がなかなかに楽しい。

それぞれのフォルダに収めた写真は、データネームがバラバラである。それを撮影時間にリネームできるソフトをかけて、重複ファイルを取り除く。そのとき、あっちのドライブこっちのドライブとピンポンさせたのが拙かった。

誤ってデータドライブを潰してしまった。

20年にわたる札幌での私生活の記録や資料。卒論や紀要に載せた文章。ネットでの知人とのやり取り。ホームページの過去のデータ。定年までの5年間、仕事で転用できる模範的文書や通信文章。等々。

読み返すか?と訊かれれば、多分読み返さないものではある。
しかし個人史としてはささやかな意味のあるものでもある。

慌ててwindowsのバックアップ機能を使ったが、同じドライブに保存していたレーザーディスクの録画データは救出できたものの、ドキュメントは全滅だった。可能性のあるドライブに復元ソフトを噛ましてみてもダメだった。時間をかけて散々手を尽くしたので、きっぱり諦めた。

幸いプリントアウトしたものも若干あるし、私がコンピュータに詳しくなければ98のフロッピーディスクに封印されていたデータもある。紙だったら、とっくに紛失していただろう(なにせ私は大学の卒業証書を自宅で失くすくらいである)。失ったことを悔やむより、今後失わないように傾注することのほうが賢明であろう。

これも何かの啓示だとばかり、システムを新しく構築した。同じ轍を踏まないように今度はバックアップ体制をしっかりさせた。

パーティションを細かく仕切っていた東芝製の外付けハードディスクは、東芝製のハードディスクフォーマットソフトを使ってフォーマットし直してパーティションも取払った。

パソコンに内蔵してある1TBのハードディスクは、EaseUSのPartition Master Freeでニ分割し、Todo Backup Homeでシステムとデータがそれぞれ別ドライブに丸ごとバックアップするようにした。
更にSDカードにもバックアップをとった。これでデータの紛失はなくなるだろう。

ただし、ささやかながらにでも価値あるデータが、今後増えるか否かは誰も知らない。

SONY XPERIA SO-04H

b38694c5~2

妻のSHARPのスマホの調子が悪いので、私の病院帰りにdocomoに立ち寄った。
店員さんとあれこれ話を煮詰めると、修理して使い続けるよりも包括的には安上がりになるというのでGalaxyの新製品を購入することになった。

私のXPERIAは3年以上使っているが、バッテリーの保ちが悪くなってきた以外は問題がない。ところが店員さんの診断によると、本体が微妙に膨らんで歪んでおり、発熱も通常以上であるらしい。
突然爆発炎上はないと思うが、危険が事前に判っている代物を敢えて携行するほど愚かではない。

ところがSONYの新製品には購入意欲が沸かず、妻が購入するGalaxyが一番魅力的であった。しかしROK製品を積極的に購入する気持ちが私にはない。さてどうしたものかと思案していると、補償制度を利用して同機種と交換するという手があると店員さんが言う。妻のスマホの下取りと累積しているポイントで代金はほぼかからないらしい。
一晩考えて、そのアイデアに乗った。

データの移植は楽な方法があるのだが、敢えて面倒な手段を行った。これを機にスマホの構造を理解しようと考えたのだ。

申込みをしたら二日ほどで家に届いた。恐ろしいまでの迅速さだ。

スマホにはまるっきり興味がなく、不調にさせると面倒なので、今まではほぼそのままで使っていた。今回は同じものが二台あるので実験し放題である。「ファイルマネージャー+」を使って、削除しても大丈夫なフォルダや具合の悪いファイルを検証しながら分析してみた。

なるほど、これは既にゴミでしかない画像データだの、SDカードに移しても読み込めないログデータだのと知識的な実りは多かった。
メールはサーバーに残しっぱなしの設定なので、簡単に復元できた。FacebookやInstagramはおろかLINEすらしていないので連絡帳の移植も簡単だった。

写真のデータはMicroSDカードに保存するようにしてある。アダプターをつけてコンピュータに一時退避させた。

積極的な対策を講じたことで、以前と同じような使い勝手でありながらもメインストレージはかなりスリムになった。

スリムになったおかげで、YahooやGoogleなどのクラウドデータを全てダウンロードすることができた。クラウドの跡地はきれいさっぱりとデータ消去した。

MicroSDも64GBから128GBに倍増させた。これで新たな気持ちで快適なガジェットライフが楽しめると思ったが、酒を飲みながら作業をしていたのが悪かった。

取り返しのつかない下手を打ってしまったのだ。

レンタルサーバーの一本化

IMG_4734

我が家のネット環境は乱雑である。私と妻の独自ドメインは同じところで取得したものだが、ブログとレンタルサーバーはそれぞれ別のところと契約している。とても不経済である。

妻はネットビジネス(って言うほど大げさなものではない。趣味の手作りの服飾・アクセサリーの直販と、本業の宣伝が目的である)を将来的に行いたいので、商業活動が可能でWordPressが使えるサーバーを借りている。
私は商業活動とは一切無縁のネット活動なので、とてもお安いサーバーを借りているが、二人合わせたレンタルスペースは使い切れないほど膨大なので、妻の借りているサーバー(私が使用料を支払っている)に統一しようと3月から準備を始めた。

紆余曲折を経て、ようやく本日一本化することができた。

時間がかかった原因のひとつは二人の持つ独自ドメインである。
独自ドメインはDNSサーバーの設定が難関である。
「IPアドレスが〜」とか「〜が不正です」とか次々と姿を変えては現れる壁に、絞りどころをいろいろと変えながら無い知恵を駆使した。遂に壁は崩れ去り、サイトとブログとが問題なく閲覧できるようになった。

難問を解くヒントはネットに散らばってはいるが、自分のケースに当てはまるとは限らない。今回もいくつものケースを数日間試行した挙句、ふと気になったポイントをちょちょっと記述したことであっさりと成功した。

論理的思考力で解決したのではなく、あくまで試行錯誤の賜物である。理数系の勉強が全然できない私の人生のようで面白い。

今後はホームページビルダーに頼らずに、自力でhtmlを記述することへの挑戦である。評判の良い参考書は買ってある。少しづつではあるが読み継いでいる。副産物として、ヤフオクの商品説明のテンプレートを改造できるようになった。

年内にサイトのINDEXを画面中央に表示させることが、令和元年の私の課題である。

(自分のサイトを改めて見ると、画像が表示されていない箇所が幾つもあった。テキストエディターで早急に調査および改修が必要だ。)

raytrek debut MX(CLIPSTUDIO PAINT/EM01/H310)

DSC_3535

年末の「vistaマシンを扱き使う」のエントリーがフラグになったのでしょうか?  

イラストを描くのは元来好きでした。しかし気まぐれに中古で購入した Wacom Intuos は、私のお絵かき心を激しく点火させてしまい、液晶タブレットの HUION Kamvas pro 13 を勢いで購入させてしまいました。 

ところが接続のことをよく調べなかったのが敗因でした。Lenovo の 遺物のような vistaマシンでは液タブなど動かすことができなかったのです。 

こういった失敗の後始末は2択しかありません。
その1・液タブを早期放出する。
その2・最新のパソコンを導入する。

悩む時間はありませんでした。
「これを機にパソコンを買い換えよう」  

それから泥縄的に勉強をして、最新のコンピュータ事情をなんとなく理解しました(まぁ、職場でwin10を使っていますから、ド素人ではないのですが)。 

今回のポイントは「あらゆることを求めないこと」です。
以前なら「コンピュータで文書作成・計算処理・データベースにイラスト作成・写真加工、管理・年賀状管理そしてDTMナドナド」と、ありとあらゆる機能を求めていたでしょう。

しかし現在は「ホームページの更新とイラスト作成のみ」と割り切っています。
コンピュータはソフトやハードを導入すれば何でもできますが、肝心の人間にスキルがないと何も役に立たない。最近は物覚えが酷く悪くなったので、やりたいことは絞っています。

そうした事情を踏まえて、札幌のドスパラに出向いて次のようなコンピュータを購入しました。

cpu :Intel Core i7-8700k
メモリ :16G
SSD :500GB
グラフィック :2G
マザーボード :ASUS H310M-AT R2.0-SI

これを核にして、手持ちのハードやソフトを組み込んで完成させました。勿論、今回の要は液タブの HUION Kamvas Rro13 です。

購入後、悪名高いメルカリで、たいへん程度の良いBOSEのスピーカーと、新品同様のCANONのスキャナーを廉価で購入できたのは幸いでした。 あれよあれよと短時間で、たいへん立派な環境だけはテキパキと整ってしまいました。

私のことですから最低でも10年は使い続けるでしょう。逆に言えば、そのくらいは保ってほしいとも思っています。

現在はセッティングをいろいろと詰めている最中で、実はこれが一番愉しい。

スクラップ学園 / 吾妻ひでお

DSC_3524~3

吾妻ひでお氏のマンガが大好きです。

小学生の頃は吾妻氏の「ふたりと5人」と、とりいかずよし氏の「トイレット博士」に夢中でした。

高校生になると、吾妻ひでお氏に本格的にのめり込みました。模写に毎日励み、吾妻氏の絵の魅力を習得しようと試みましたが結果としては無理でした。鉛筆のレベルまではなんとか真似できますが、ペンタッチが駄目なのです。高校生の私はデザイン志向が強く(文学部か美術学部かに行きたい困った生徒でした。結局は国文学科に行きました)、とり・みき氏のようにロットリングを愛用しており、強弱を表現するGペンが上手に扱えなかったのです。

吾妻氏の作風は多様なので代表作を挙げるのは難しいのですが、私的には「るなてっく」「チョコレート・デリンジャー」そして「スクラップ学園」が三傑です。「みだれモコ」「シャン・キャット」「ネムタくん」「ぶらっとバニー」なども外せませんが、ストーリーと絵柄の絶頂期の作品群としては「スクラップ学園」が白眉でしょうか。

「スクラップ学園」は、関連書籍か出るたびに入手はしてきましたが、今回の書籍は完璧版と断言できるものです。

全話収録は当然のこと、「ミャア官3」はできたにせよ、同人誌版の「ミャア官」の収録は秋田書店ではできなかったでしょう。私も同人誌版を入手するのに以前奔走しましたが、今のような匿名性の高いネット世界中ではないので、同人誌界に顔の効かない私では断られました。

詳細は後日記述すると思いますが、ローンを組んでコンピュータを一新し、液タブまで導入してイラスト修行を始める私の目的は、吾妻ひでお氏のイラストの模写です。

いつの日か、吾妻氏のリスペクトイラストをpixivで発表するぞと、生きる意味の模造計画を企てています。

VISTAマシンを扱き使う

DSC_0460~2

ホームページの移植・改築作業に思いのほか時間を取られています。ページの単純な引っ越しはあっさりと完了したのですが、新装開店とばかりに現状に合わないところの改変、潰したページの復活、新しいコンテンツの導入などやり始めると際限がありません。

今までは、とてもとても古いホームページビルダーだけを使って、切り貼り感覚でホームページを作っていました。今回は姿勢を改めて、ホームページビルダーで大凡を作った後に、htmlとCSSについての本を参照しながらエディターで数値と構造とを確認しています。

勉強ついでにブログのタイトルと背景を自作してみたり、Photoshopで画像を加工してfaviconを作ってみたり、エディターでsitemap.xmlやrobots.txtを書いてみたりと、理屈はわからないまま書籍やgoogleの指示のとおりに作業を進めてみました。コンピュータは無理解故に失敗しても、理解を深めて再挑戦を繰り返せば「正解」に辿り着くことができます。うまく作動したときの達成感はとても強く、嬉しいし愉しい。

中古ですが、ペンタブレットも久しぶりに購入しました。幸いなことにCLIP STUDIOのライセンスが残っていたので、イタズラ書きも練習し始めました。思ったようにペンが動かないのですが、やっていてやっぱり面白い。15年ぶりにきんたこ通信を再開しようかな。

溜まったデータの整理をしているうちに32GのUSBメモリと16GのSDカードの不調が判明したので、32GのSDカードを仕方がなく買いました。VISTAマシンにWIN7を走らせて、古いソフトウェアに鞭打ってあれもこれも行っています。新しいマシンとソフトウェアがそろそろ欲しいところですね。
DOSの頃に比べれば格段に安くなりましたが、コンピュータはお金がかかるものです。

しかし、自分がイメージしたモノを実際に目に見えるカタチに整えることは面白くて愉しい。取り掛かると時間が経つのを忘れてついつい没頭してしまいます。本業がうまくいかないのでなおさらです。

最終的にはスマホでも閲覧しやすいデジタル個人誌を目指しています。
Recent Comments
  • ライブドアブログ