お出かけ

生きる(あるいは希死念慮)

DSC_3597~3

妻が入院してはや三週間が経った。

テレビばっかり見ているのでその手の豆知識に造詣が深い妻が、救急隊員が来る前に激痛なのに脚の感覚がなくなってしまい「もうだめだ」と漏らした諦観の声を絶望的な気分で聞きながら「救急隊員がなんとかしてくれる!」と鼓舞したことや、雪かきをサボってしまったので雪深かったアプローチをザクザク渡って救急車に乗り込み、30分以上はかかる病院までの道中(救急車は思っているほどスピードを出さない)のことをぼんやりとは思い出すが、時間の感覚はおかしかった(自分が救急車で以前搬送されるときは未来永劫続くかと思われたが、実に短時間で病院に着いたような気がする)。

診察の結果「大動脈解離A型」であることが判明した。妻がもし逝ってしまったらと絶望し、思考回路がショートしてしまったように感情と体調が狂っていた三週間だった。

仕事も休んだ。うつ病が悪い波を打って心身共に制御不能の日もあった。上司がお見舞いに来たときも、まともな対応ができなかった。自分に必要なモノゴトが次々と剥がされるような時間を過ごした。不安だけしかなかった。思考はやはり働かなかった。

現在、妻の様態はだいぶ落ち着いている。早ければ今月末で退院だそうだ。ただその確証はない。

今回の件で改めて理解したこと。

・もう仕事には希望も情熱もない。与えられた職責を果たすことしかできない。いやそれすらできないかもしれない(分限免職だ)。
 
・趣味も上辺だけで愉しんでいない。大切なコトを犠牲にしてでもといった熱意はない。

・ビールが美味くない。甲類の焼酎で十分。

もうナイナイづくしでどう仕様もない。しかし実際生きていることの価値が積極的に見いだせない。

こんなことを言えば、90歳を超えてなお生きる執念に取り憑かれている義祖父や、癌に犯されてでも仕事をやめようとしない実父に怒られよう。

しかし仕方がない。うつ病とはそういうものだ。自分で首縊りを画策しないのでまだマシだ。
自分以外の人に起こる「良かったね!」を糧にして、自分の命を取り留めている(いや、もちろん自分が死んだら色々と面倒な事が起きて困る人が出てくるのは百も承知のこと。だからこそ自分で首縊りはもうしない)。

第70回さっぽろ雪まつり

DSC_3549~2

メンタルクリニックに定期通院の日。昨年度半ばから激動の日常生活を送っているが、脳みそを極力使わないのでなんとか生きている。しかし、このクリニックで処方してくれる薬をきちんと服用することが前提。時間や量が乱れると、途端に体調が崩れて寝たきりになってしまう。快復には数日が必要。

クリニックは札幌の大通公園に面している。この大通公園で開催されている「雪まつり」に一人ではあるが軽く見物に行った。

なんだか出店を含めて物販のプレハブばかりが立ち並んでいる。去年もこんなものだったか?まるで北海道の食がテーマのオータムフェスタのようだ。空腹を刺激するあたたかい薫りが氷点下の空気に漂う。
雪像もアニメ(?)のキャラクターが多い。以前はもっと手の込んだ雪の建築物が多かった印象がある。

時間がないので、さぁーっと足早にひと回り、要所要所でスマホ撮り。我乍ら、咄嗟のスマホ撮りが上手くなったものだ。習うより慣れろとはまさにこのこと。

DSC_3556

雪ミクのコーナーは長蛇の列。昔、並ばないで入れたのは時間帯のおかげだったか。興味があったが、時間がないし並ぶのも嫌いなのでパス。

DSC_3579

何時ものように「北方領土返還要求」に記名して、大通公園をあとにした。「雪まつり」は、一人でサッサと眺めるだけではつまらない。感想を述べ合ったり、出店の珍しい食べ物をシェアする連れが必要だ。

そういえば、今年はまだ雪ミク電車を見ていない。これには一人だけでも乗ってみたい。オタッキーな札幌市民として、未経験では戴けない。
自動車で帰る途中の国道で、薄紅鮮やかなミクの痛車が隣の車線を走り抜けた。ナンバーまでは確認できなかったが、その熱心さに羨望する。

帰宅途中に妻の入院する病院に立ち寄る。具合悪そうに寝ていた。まだ熱が38℃と高いそうだ。必要なものだけ渡して立ち去る。明日は少し話ができればと願う。

ぶすけ君、ありがとう

DSC_0144~2

昨晩は遅かったせいか、起床する時間になっても布団から出られませんでした。居間で犬が騒いでいても、いつものことだと思ったのでしょう。なにぶん記憶が定かではありません。

8時頃、朝早いアルバイトから帰って来た妻が、大きな声で私を呼びます。「起きて!ぶすけ君が死んでいる!」

慌てて二階の寝室から下の居間に駆け降りました。

ゲージから出されたペキニーズのぶすけ君が、目を開けたまま横たわっています。体に触れるととても暖かいのですが、四肢は固くなり始めていました。

アルバイトに妻が出かけるときは変わったところがなかったようなので、その後てんかんの発作を起こしたのでしょう。

ぶすけ君の本当の名前は「龍之介」といいます。
うちに来た当初は変わったところがなかったのですが、数年前から眼振が酷くなり、てんかんの発作を起こすようになりました。
てんかんを抑える薬を毎日飲み、発作が酷くなるとかかりつけの動物病院に連れていき、入院することもたびたびでした。

動物病院では愛想がとても良く、大好きな受付のお姉さんに構ってもらえるとご機嫌でした。

てんかんだからでしょうか。もう成犬なのにいつまでも仔犬のような行動をとっていました。
自他の糞を食べようと虎視眈々と機会を伺ったり、トイレ以外の所にオシッコをかけたりと困ったコトは改まりませんでした。

しかし、

妻が二階から降りて来るのを階段の下でちょこんと座って待っていたり、
ゲージから出すと真っ先に骨状のガムを咥えて誇らしげに部屋の中を闊歩したり、
オヤツの煮干しが大好きで二匹与えないとねだり続けたり、
ねだる声がまるで人間の声のようなので、もしかしたら人語を話すのではないかと思わせたり、
食い意地が張っているくせに、がっついて手まで噛みつくことはなかったり、
私が居間で寝転がっていると決まって対面に伏してお見合い状態になったり、
「ぶすけ君」と声をかけると表情は変えないのに静かに尻尾だけフリフリと振ったり、

…。

ぶすけ君は、クッションの上でタオルに包まれて目を開けたまま横たわっています。その横で腹ばいになりながら、このテキストを入力しています。
決して健康体といえないので、長生きはしないだろうと覚悟はしていました。
しかし目を開けたまま動かなくなったぶすけ君を見ていると、どうしても嗚咽と涙とを止めることができません。

ぶすけ君は私よりも妻が好きでしたし、妻も可愛がっていました。妻が泣いています。私も泣いています。私は、私なりにぶすけ君を可愛がっていたつもりです。長い休養中は一日中家にいたので、以前よりも距離が縮まったように感じていました。

これから火葬場に行きます。家から近いところは臨時休業だったり先約でいっぱいだったりなので、遠いところまで行かなくてはなりません。

ぶすけ君、一緒に暮らしていた7年間は楽しかったよ。
できたら虹の橋の向こう側で待っていてほしいな。

高中正義 “BRASILIAN SKIES 40TH”

DSC_0362~3


先日(19日/金)、高中正義氏のコンサートに妻と出かけました。高中氏の北海道公演は長いことありませんでしたが、「スーパースタジオライブ」のイベントで来札して以来、この3年間は「わくわくホリデーホール」でコンサートを毎年行っています。
高中ファンの掲示板を覗くと、今年はセットリストもプレイも非常に良いということで、彌が上にも期待が高まります。

3年前は2階席中央、去年は中央2列目、今年は右3列目と、チケットの手配が迅速だった為か非常に良い席を毎回確保しています。

思い返せば高中氏のコンサートを初めて観たのは、横浜スタジアムで行われたギター・ファンタジア82のツアーでした。スタンドの一番後方の席だったので、ミュージシャンは全然見えず、手拍子は左から右にドップラー効果のように流れてしまう感じで、ただただ「イベント」に参加しただけのようでした。その35年後に、毎年こんなに近くで氏のプレイを見られるなんて想像だにしていませんでした。

左右のステージいっぱいの所に腰掛けて高中氏がプレイをする曲があるのですが、もう本当に目の前でのプレイでしたよ。

雑誌やビデオでしか見たことのないSG-Tが!ブルーのSGが!目の前で実際に音を奏でている!

今年のステージセットは、高中氏を取り囲むようなアンプ・エフェクターラック群がコンパクトになっていて、随分スッキリとしていました。シールドがワイヤレスになっていたせいか、ストラト(ジェフ・ベック・モデル?)の音がギンギンときつく感じられ、何時もの「高中サウンド」ではないように感じました。二台のSGはそれぞれ太くて安心できる音でした。

東芝時代のナンバーもあり(そのためのアマゾンズですよね)、「あぁ、高中正義を聴き続けてきて良かったなぁ」と感じ入る充実のひと時でした。

アンコールの締めは、新調したらしい七色に輝くSGを使い、あの被り物をしたままで、ドラマチックで速いパッセージもある、あの難曲かつ名曲でした。武道館で見ることができなかったあのステージ(チケットを持っていた友人がナント誘ってくれたのですが、当日高熱を出してしまい、あえなくファンでもない第三者に流れてしまいました)が、今目の前で再現されている!事前情報がありましたが、胸に熱くこみ上げてきましたね。
七色に輝くSGのネック裏がよく見えたのですが、ピカピカとシルバーに光り輝いておりました。全くの新品ですね。今後、披露する機会はあるのかしらむ。

このコンサートは恒例によって、春にDVDで発売されるのでしょう。とてもとても待ち遠しい思いがします。

DSC_0364~3



転勤します、市内異動ですが(^^;

国難の非常時ですが、お役所勤めなので決められた日に人事異動が発表されました。

今朝は早起きして近所のコンビニで新聞を購入しました。今日の朝刊には道内のお役所勤務の方の異動一覧が掲載されるからです。きんたこは15年以上新聞を購読していません。( ´ ▽ ` )ノ

過員および長年勤務解消のために、今年は異動が半ば公然の事実でした。小樽・岩見沢・苫小牧で勤務したい旨を秋に提出した人事調書に記入しました(実は偵察のため、小樽・岩見沢・苫小牧へ夏に小旅行したのでした)。先週所属長から内示があり、直前のどんでん返しもなく札幌市内での異動が粛々と決まりました。

images

きんたこの11年前の異動希望地は旭川・稚内でしたが札幌市内になりました。今回も提示されたのは異動希望の小樽ではなく札幌市内でした。

きんたこは人脈が広いわけでもないので裏工作なんてできません。しかし同僚の多くが羨む札幌市内での勤務が継続できることになりました。

札幌は愛すべき街です。きんたこは釧路・オホーツクを勤務し、その後も地方勤務を志すつもりでしたが、札幌に勤務してしまいました。そして札幌の魔力に取り憑かれてしまいました。できれば今後も札幌で生活したい。その想いが叶いました。僥倖を噛みしめつつ、10年間は札幌の公共のために身を粉にしてでも貢献する次第です。

もし国難が札幌で発生しても、そろばん勘定無視で頑張ります。それがお役人の使命だと今回の国難で認識をあらたにしました。

THUNDERBIRDS

5e7a8f02.JPG
はうわ(゚д゚;)なきんたこです。

今日は北海商科大学でカウンセリングの実技講習がありました。朝9時から夜8時までのロングな演習です。きんたこの家は札幌市の田舎ですが、幸い国道沿いなので30分ほどで商科大学に行けるのです。で、気合いを入れるために「THUNDERBIRDS」のサントラ盤をかけて自動車で出かけました。

人には無条件で気分が高揚する音楽があると思います。きんたこの場合、伊福部昭の東宝特撮音楽と、この「サンダーバード」です。( ´ ▽ ` )ノ

ギンギンな気分で、大学のそばにある有料駐車場に自動車を駐めて、いざ出陣!
前回の課題・ロールプレイングそしてプチスーパービジョン(カウンセラーを上級カウンセラーの先生が直接指導する)をこなし、無事修了書を頂きました〜!

高鳴る気分で駐車場に帰り、イグニッションを回しエンジンがぶおん!同時に車内にサンダーバードのテーマが鳴り満ちます。「いくぞ!」
出庫でカードを入れると…「¥6,700」の表示が!!げ!なんだぁ〜!慌てて管理事務所に連絡しましたが、完全に私の勘違い。日曜日は上限がない料金設定だったのです!

とりあえず買い物をして少し割引制度を使いましたが、結局¥6kの出費。通常でしたら¥1kですので、完璧すぎる「¥5kの無駄な出費」(TωT)/

この出費のせいで、別団体のコーチングの入門講座の申込は断念です。

帰宅途中、無条件で気分を高揚させてくれる「サンダーバードのテーマ」はエクトプラズムが抜けきったきんたこを素通りしてました。

教訓-事前にきちんと調べなさいよね!いきあたりばったりな性格のきんたこです。(TーT)/

THE WALL/PINK FLOYD

d3463422.JPG昨日は「気」のパワーのある方のところで鍼を打って貰いました。

その方は手で触れただけでツボを探し当てて「気」を込めながら鍼を打っていきます。きんたこはこの手の「オカルト」が大好きでして、ずばずば体調不良な箇所を言い当てられると全面降伏状態になります。

症状はあらゆる面で「流れ」が滞っていてるとのこと。的確な箇所に鍼を打たれてうっとり状態でした。不思議なことに具合の悪い右半身に痙攣が走り、イメージとして血瘤が血管をどっくんと流れる感じがして、「毒」が徐々にほぐれていくようです。幸い気持ち悪くなりませんでしたが、明らかに今日は体が軽い!また来週行くのですが、もう楽しみですね〜( ´ ▽ ` )ノ

今日は「THE WALL/PINK FLOYD」。それまでのプログレ路線に比べると完全にロックにシフト。しかし構成の見事さは相変わらず。ブルージーに鳴くデヴィット・ギルモアのギターは、やっぱりいいなぁ〜。

心も体もATフィールドが解除されないからこそ、芸術が生まれるんだなぁ〜。せめてインナーワールドだけでもほぐれて欲しいものです(^^;
Recent Comments
  • ライブドアブログ