スクラップ学園 / 吾妻ひでお

DSC_3524~3

吾妻ひでお氏のマンガが大好きです。

小学生の頃は吾妻氏の「ふたりと5人」と、とりいかずよし氏の「トイレット博士」に夢中でした。

高校生になると、吾妻ひでお氏に本格的にのめり込みました。模写に毎日励み、吾妻氏の絵の魅力を習得しようと試みましたが結果としては無理でした。鉛筆のレベルまではなんとか真似できますが、ペンタッチが駄目なのです。高校生の私はデザイン志向が強く(文学部か美術学部かに行きたい困った生徒でした。結局は国文学科に行きました)、とり・みき氏のようにロットリングを愛用しており、強弱を表現するGペンが上手に扱えなかったのです。

吾妻氏の作風は多様なので代表作を挙げるのは難しいのですが、私的には「るなてっく」「チョコレート・デリンジャー」そして「スクラップ学園」が三傑です。「みだれモコ」「シャン・キャット」「ネムタくん」「ぶらっとバニー」なども外せませんが、ストーリーと絵柄の絶頂期の作品群としては「スクラップ学園」が白眉でしょうか。

「スクラップ学園」は、関連書籍か出るたびに入手はしてきましたが、今回の書籍は完璧版と断言できるものです。

全話収録は当然のこと、「ミャア官3」はできたにせよ、同人誌版の「ミャア官」の収録は秋田書店ではできなかったでしょう。私も同人誌版を入手するのに以前奔走しましたが、今のような匿名性の高いネット世界中ではないので、同人誌界に顔の効かない私では断られました。

詳細は後日記述すると思いますが、ローンを組んでコンピュータを一新し、液タブまで導入してイラスト修行を始める私の目的は、吾妻ひでお氏のイラストの模写です。

いつの日か、吾妻氏のリスペクトイラストをpixivで発表するぞと、生きる意味の模造計画を企てています。

中国嫁日記/井上純一

IMG_4974
この夏、だらけた生活をしてしまい、時間の無駄遣い達人になってしまったきんたこです。ダッテアツインダモノ!サッポロノナツハムシアツイ(^^;

先日「中国嫁日記」を手に入れました。アフィリエイトにやたらと張ってあり気になっていたので、スーパーの本屋さんで立ち読みしたところ面白そう。奥さんにおねだりして買って貰いました。( ´ ▽ ` )ノ

今日読み終わりました。感想〜、とても良かったです。薄い本ですが、密度はかなりのヤサイカラメマシです。読み応えがあるのできんたこは一気通読できませんでした。2部構成なのですが、前半は異文化接触モノとしての面白さ、後半は恋愛モノとしての面白さに溢れています。

日本社会における異文化理解モノとしては、近年では「日本人の知らない日本語」が群を抜いています。しかしこの「中国嫁日記」はターゲットが「中国」と絞られているので、一国ピンポイント的に興味深いのですねネ。4コママンガに下註のようにコメントがありマス。これが秀逸デスヨ。「連用形+て」での音便ないデス。さらにところどころカタカナ表記になるところがプロミネンスに思われマスネ。これ、とてもリアルに声「聞こえる」デスよ!いやコトバ的なことよりも、その内容がピュア。これをきちんと読むことが重要。これを押さえて後半です。

後半の「出会い遍」、なんと年甲斐もなくうるうるしていまいました(イヤ、それだけきんたこも涙もろい御年になったのかい?)。作為的「物語」のようなドラマチックなことはないのですが、かえってごく日常的な、それでいて純粋な心の交流に涙腺が刺激されてしまいました。心が不思議な気持ちで充たされています。

最近は強制的に「元気が出る(出させる?)」類の言説(ファイトだの感謝だの充実しているだの運があがるだの…)が溢れています。きんたこは正直なところ、これが個人的に苦手。熱いコトバがこれでもかと畳み掛けられるととても暑苦しい。人の気持ちが元気になるためには、ことさらアッパーなコトバよりも前向きかつ素朴な思いのほうがイイんでないかい。少なくてもわたしはそうです。

で、これはお勧めデスね。難しいコト、いらないデス。嫁!

適当日記/高田純次

IMG_4973
押忍!おはようございます!お疲れ様です!!な感じのきんたこです(`・ω・´)ゞ

いや〜肉体的にヘビィなひと月でしたわ。しかし精神的には昨年よりも楽!おかげさまで勤務後に読書の余裕がある始末!

最近読んだ仕事や勉強に関係のない本。

【坊主失格/小池龍之介】
小池氏の幼少から青年期にかけての渇愛および歪んだ自己表現の回想録。書中にある「太宰治信者」には共通体験ではないでしょうか。
きんたこも、中等教育時代は太宰ズムにずっぽしはまっておりました。中年になった今でも他人からの評価を気にする辺りは、まだまだ自己の確立が不十分ですなぁ。

しかし他人の評価なく己の意のままに、社会的に認められることは難しい。自分の今ある欲望(意志)を虚しくして、ないかもしれない未来に向けて生きることは、素直な自己欲求を限定していまします。仮に全ての世の中の人が出家して修行を始めたら、現在の生活システムは必然的に変革するでしょう。そのためには現在のシステムを改変しなくてはなりません。(-゛-;)ゴメンナサイ、イミフメイノブンニナリマシタ。

小池氏のテクストについて、実証主義的研究の基礎文献になる書籍です。小池氏の入門書としてはお勧めできませんが、数冊を読み「なんて素晴らしい知見を授けてくれる方なのでしょう!」と感じた人は必読です。

【ブッダにならう苦しまない練習/小池龍之介】
続々刊行される小池氏の最新作。「はっ!」とする警句が全書同様満載ですがが、「?」となる箇所もあります。
仏道(宗教)を基本とした書物ですから「近代科学的」でない見解があっても、そりゃ〜スピリチュアル。しかし「怒っている人の息には毒ガスが含有されており、その抽出物のなかではネズミが死んでしまう」は似非科学的な記述であり看過できません。
東大卒の気鋭の僧侶の文章として、妄信的に吸収して「これは真実であーる」と純粋な人に喧伝する人もいることでしょう。
広く世間に流布している「水の伝言」同様、「こういう現象もある」と科学的現実と一歩距離ある「スピリチュアル」な記述であって欲しかった。しかし後章で婉曲的な表現になるのは、考え抜かれた戦略か?

【適当教典/高田純次】
なんも「真面目」な書物が真実を投影するとは限らないことを照明する書物!
自分はイヤだけれどもこんなことすればといった姿勢が最高!!カウンセリングの「傾聴・共感・受容」の態度を玉砕!しかしこの真実抜きにした生真面目なカウンセリングは、カウンセラーは自己崩壊をまねきますね。自分のカウンセリングが純然たる善と義務的な偽善との狭間にあることを自覚できる方は必読です。他人への共感は理屈以上に難しい。

【適当日記/高田純次】
「真面目な日記」でなくても日記文学になりうることを証左する書物!だって9割以上「嘘」なんだと!いい加減な日常記録は日本の自然主義的私小説たじたじ。「オレってこんな最低なことを考えて、しかも実際におこなっているんだよ〜」と、うじうじしていた文学者がバカバカしく思えるぐらいにアナーキー。
文中の「○○○」こそが文学としての真実!きんたこにとって、「腹立半分日記/筒井康隆」・「うつうつひでお日記/吾妻ひでお」と並ぶ重要な「日記文学」です。
テクストは事実であっても虚構であっても筆者を離れると、読者によって新たなるテキストとして意味をなすのです。ウゥ、テキストロンダヨ、カッコスケテイルナァ〜(´ー`)ゝ”

カミと日本文化/石田一良

IMG_4903
せっかくbeyerdynamic T1+A1 と、フラッグシップなヘッドホンを揃えたにもかかわらず、部屋のオーディオに割く時間かなくて、しょぼいカーステレオで我慢しているきんたこです(^^;

このところ本当に新しいCDをほとんど購入しておりません。専ら書籍ばかり。
仕事か資格に直結した実用書・参考書ばかりなのですが、たまには趣味の本も読んだりします。

今年になって読了した直接仕事や資格に関係のない数冊。

【異文化トレーニング/八代京子他/三修社】
ここでの「異文化」は主に「国際理解」に近い用語で用いられていますが、実際のところは隣の人も「異文化」ですよね。表層的な振る舞いで判断するのではなく、お互いの積極的な自己開示によって、文化的レベルでの「理解」が得られるとのこと。カウンセリングに通ずる論文集でした。姉妹書の「異文化コミュニケーションワークブック」は、カウンセリングの構成的エンカウンターのエクササイズにも使えそう。

【貧乏入門/小池龍之介/ディスカバートゥエンティワン】
昨年熱心に読んでた(5冊読了)僧侶の旧作。タイトルが物質的な印象でしたので後回しにしましたが、正解だったかも。いままで理解が届かなかった部分がスカーンと腑に落ちました。仏道とはシンプルかつクリーンな人間になることなりといったところなのでしょうか。

【しあわせの心理学/古宮昇/ナカニシヤ出版】
最近心酔している心理カウンセラーの古本をamazonでゲット。幸福度と金銭的成功が必ずしも一致しないことを数値データーで証し、既に「しあわせ」に包まれているのに気がつかないことを説いています。かなりスピリチュアル。最期に「水からの伝言」が使われているのが残念。

【カミと日本文化/石田一良/ぺりかん社】
神道の核は古より変わらない。その時々の宗教や思想を積み重ねることなく、「着せ替え人形」のように古き衣を払拭している。その「衣」を検証しても神道の本質には迫れないことを説いています。納得の論文集。「神を祭る人々は、魚が水中にいるように生命力(神)の中に包まれて生きていた」と「しあわせの心理学」とほぼ同じ記述があることに驚愕!

読みたかった言語関係の岩波新書をどっさり新刊で買い込んで積んであります。
年末からカウンセリングやコーチングなどの必読書もちまちまと安値を狙って中古で買い込みました。

しばらくは書籍代は経済できるかなぁ~。(-゛-;)

花のズボラ飯/久住昌之×水沢悦子

4c430f0b.jpg
あぁもう年末なんだなぁ~。
なんだか時間ばかりが過ぎていて、世界から取り残されているきんたこですヽ(´▽`)ノ

今年は心にゆとりが全然なくて、音楽を聴いていませんなぁ~。オーディオもろくに弄くれませんでした(せっかくヘッドホンアンプを購入したのに…)。ブログもホームページも更新しておりません(^^;

なんだかないないづくしのようですが、勉強とわんこがらみの諸事とスープカレー・らーめん探索は盛りだくさんでした。
来年こそはもっと「音楽」したいものです。

さて年の瀬に入手したコミックス。「ふうらい姉妹」と「花のズボラ飯」の2冊。

「ふうらい姉妹」は長崎ライチの初作品集。
livedoorの4コマ漫画で奇妙な作品を連載していたので興味がありました。なんだか懐かしいような絵柄と頭のネジが3、4本抜けていたりぶらぶらしていたりする内容が魅力的。シュールというよりも純粋おばかな思考と行動に目が離せません。
トイレで読むのに最適です。

「花のズボラ飯」はamazonで予約したのにもかかわらず品切れになってしまい、仕方なくキャンセルして近所の書店で直接購入しました。
原作が久住昌之ですので食事に関する些細なこだわりモノかなと思いきや、ちょい違う。
もちろん些細なこだわりはあるのですが、それがメインではないのです。メインは食事の際に見せる主人公である花さんの恍惚とした表情です。ネットで「汚い」と評されておりますが、食において快感を得ることの幸福を描いているのですから、よだれを垂らしても良いのです。
ほのぼのと幸せな気分になれるので寝る前に読んでいます。これを読んでもお腹は空かないので大丈夫。土山しげるは危険(^^;

日本人の知らない日本語/蛇蔵&海野凪子

2b304d5a.JPG昨日は午後前半戦にカウンセリング講習に必要な実技撮影会(実際にカウンセリングをしているところをビデオ撮影して、後日それを見ながら検討する)、午後後半戦はイタリアンレストランで舌鼓を打ってきたきんたこです(^ー^)/オイシカッタヨー

撮影会とレストランとの時間が空いていたので、珍しくリアル本屋さんで暇つぶし。最近は書籍もCDもネットで購入しているので大型本屋さんになんだか圧倒されてしまいました。タチヨミハキンジョノスーパーオンリーナノデ(^^;

せっかくなので1冊本を買いました。「日本人の知らない日本語/蛇蔵&海野凪子」。昨年のベストセラーで今更ではあるのですが、「後であとで」と読み逃してしまったままでしたので…。
薄い本なので、帰宅後一気に読破。表紙には「日本語”再発見”」と銘打ってありますが、これは異文化理解の本ですね。日本語教育能力検定試験を受け続けている(ツマリオチツヅケテイル(^^;きんたこにはたいへん有意義な本でした。他にも異文化理解の書籍は読んでいるのですが、概論的な内容ばかりで実際のエピソードが乏しいのですね。ですので異国間の風習のギャップを暖かく描いたこの本は「生々しくはないけれども、今後遭遇するかもしれない事態」を考えさせてくれたのです。

来月半ばに続編が出版されるとのこと。今度は読み逃したくありませんので、早速amazonのカートに入れました。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎夏海

7f52683e.JPGブログを全然更新していませんが、辛うじて生命及び経済活動をしているきんたこです(^^;

先日の土曜日、職場の同僚と室蘭・登別観光をしてきました。

いわゆる「鉄ちゃん」な同僚の緻密な計画のもと、カシオペアの発着を見たり、ディーゼル車に乗ったりと交通手段的にマニアックな旅でした。室蘭に着いてはレンタカーで室蘭・登別の知られざる名所巡りで認識新たに!う〜ん、なかなかに自然豊かで住んでみたい町でした。崖の上から眺める冬の太平洋がまさに絵に描いたような北海道の海!ジタクサエショブンデキレバサッポロカラデテモイイヨ(^^;

その後、カルルス温泉で体の芯まで温まり、駅前に戻って室蘭名物のカレーラーメンと室蘭焼鳥を堪能。

カレーラーメンは確かに美味しかったのですが、残念ながらぼくには「カップヌードル」、室蘭焼鳥(豚精肉です)は甘くないサラッとしたタレでしたが特別の感慨はありません。
ただシロいわゆるホルモンですがこれは旨い!普通焼鳥屋さんでホルモンを注文するとカリカリがでてくるのですが、ここではふわふれの食感。これはいいですね〜。
また機会があったら立ち寄りたいです。列車の旅も悪くない(^^/

さて年始から音楽もいろいろと聴いてはいるのですが、今日は書籍をば。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎夏海」年末年始にamazon他で入手困難品になっていた書籍です。
先週の火曜日にたまたま札駅そばの紀伊國屋書店で入手しました。きんたこは一週間かかりましたが、読書の時間がきちんととれれば一日で読破できます。

ドラッカーのマネジメントの大切な提言を信条にして都立高校野球部が変貌する様子が描かれております。ストーリーは面白かったです。しかしいわゆる「文学作品」に不可欠な情景描写・心理描写がばっさり切られております。この作品は「文学作品」ではなく、小説の形態をした『マネジメント/ドラッカー』の入門書だと思うので、この文学的戦略は成功だと思います。散発的に事例を並べるよりも一貫したストーリの中で「マネジメント」を説かれると非常にわかりやすく、また興味もかき立てられます。

事実、きんたこも『マネジメント/ドラッカー』が読みたくなりました。(^^;
Recent Comments
  • ライブドアブログ