ギター

PRS のギター・シールド

DSC_3624~2

以前、「Paul Reed Smith のギター・シールドを刺すと、PRSのサウンドになる」といった趣旨の投稿をネットで読んだ。

ケーブル(ギターの世界ではシールドと呼ぶ)の重要性は、オーディオでもギターでも同じである。

オーディオの世界では、電源ケーブルのブームが吹き荒れてからもう20年も経つ。エレキギターの世界では、ギターアンプの電源ケーブルの交換が現在盛り上がっている印象がある。

それではエレキギターはオーディオに遅れているかというと、そうでもないところが面白い。
エレキギターではシールドのワイヤレス化が勢いを増している(音痩せ等の問題はあるが、プレイをする上での自由度が飛躍的に高まった意義が支持されている)。
しかしワイヤレスよりも熱いのはシュミレーターである。新機種が発表される度に、各社のアンプシュミレーターが実機に迫るリアルさを増しているらしい(楽器店に滅多に行かないので、最新機種を自分の耳で確かめることができないのが悔しい)。

私も、中華製のプリアンプシュミレーター(MOOER)を持っている。ローランドの安いアンプで試しに音出しをすると、持っていた高価な真空管アンプとそっくりな音が出て魂消た。もちろん音圧など「真実の音」とは随分と異なるが、余りのクオリティの高さに「本物」の真空管アンプを売却してしまった。

この技術がオーディオに転用されれば、とんでもないことになるだろう。往年の、更には現役の著名な機器が多種かつ安価で楽しめるのだ。

以前よりデジタルヴォイシングイコライザーがアキュフェーズから出ているのだから、最良の音響環境を現在の技術でシミュレーションできないほうが不思議だ。

エレキギターの世界では、人気のあるエフェクターやアンプのコピーモデルやモデリングは久しく当たり前のことである。
オーディオの世界では、せいぜい名機の真空管アンプのレプリカが常識の範疇になる。自社の復刻版ですら実現可能が難しい。

長い時間をかけて人間の感性で築き上げたことが、デジタル技術によって容易く再現できるようになることは、幸いなのか不幸なのかは私には判らない。
オリジナル製品には莫大な資金と時間と工夫とが投入されている。商品になる創造には、プライスレスな価値がある(もちろんオリジナルをトレースする技術も容易いことではない)。

しかし一消費者としては、高度な「成果」の恩恵を安価で享受できることは僥倖以外の何物でもない。

数しれぬ先人たちが踏み固めた轍の上を、当たり前のように駆け抜けてゆくヒトはいったい何処に行こうとしているのだろうか。

話が随分ずれてしまった。話題はPRSのシールドについてである。

PRSのシールドは繋いで音を出した刹那、酷く気に入ってしまった。色気というか品位のある厚みのある中音域とでもいうか、確かにギターのサウンドが好ましく変貌した(残念ながら、私はPRSのギターを所有したことがないので、PRSのサウンドは判らない)。フレーズを弾いていて、この上なく気分が高まってくる。これはもうツマラナイ思考をする余地はない。

かくしてPRSのケーブルは、私のギターには必需品となった。
恐らくアンプのように売却することはないと思う。

ギター・ワークショップ Vol.1 / 日本の誇る4人の若きギタリストたち

DSC_0463~2

明けましておめでとうございます。平成最後のお正月となりました。善良な人々にとって、平安を心の底から実感できる一年になりますよう、ご祈念申し上げます。

私は精神薬を飲んでいるというのに朝からお酒を飲んでまったりしています。依存しないように十分気をつけているのでご安心ください。どうせ永くはない命、我慢と遠慮の狭間でうまくやっていきましょう。

さて、ようやく初詣に参り、年賀状の返信を書き、正月気分も払拭です。遅ればせながら今年最初のCDは「ギター・ワークショップVol.1」。

オリジナル曲が収録された各人のソロ・アルバムを持っているので永いこと購入を躊躇っていました。昨年、CDのまとめ買いをしたときに入手しました。
聴いてみると全体的なバランスがとてもとれていますね。詳しくない人が聞けば、誰かのソロ・アルバムかと思うのではないでしょうか。ソロ・アルバムならば、物凄く完成度の高い作品群です。

渡辺香津美が顕著なのですが、ソロ・アルバムよりもフレーズが難解ではなさそう。どの曲もギターを手に取り弾いてみたくなるものばかりです。その中でも山岸潤史が特に素晴らしい。圧倒的なエネルギーを放出したプレイで、コピーできたらいいなぁ。

ただしどの曲もフェードアウトが極端で、まだまだ熱くなるプレイが続くなかで終わってしまいます。そこがこのアルバムの大きな瑕疵ですね。

あの頃のギターは当時的には難しいものでしたが、現在からすれば
基本的なプレイにさえ聞こえる感じがします。奏法自体は随分と高度に、そして複雑になりました。しかし聞いていて心が熱くなるのは、あの頃の曲ばかりです。そんな名曲を一曲でも多く弾けるようになりたい、この一年です。

YAMAHA THR10C

yamaha_thr10c

せっかく入手したFender Princeton Reverbでしたが、ボリュームが少し動いただけで爆音をたてますし、初めての真空管アンプだったので必要以上に扱いに慎重になってしまったりと、気軽に使うことができません。

次第にフラストレーションが溜まりだしました。

以前、Amazon のレビューに釣られて VOX の Pathfinder10 を購入したことがあります。本体は軽いし小さいし、おまけに値段も安いしとお手軽な要素に満ちていたのですが、音に潤いがなくてパサパサしているというか、いくらエフェクターを通すにしても素朴過ぎて面白みが全くない。これは使っていても楽しくないからと自分の腕前は棚に上げて、人に譲ってしまいました。

価格的にも性能的にも納得のいく小型アンプをとじっくり時間をかけて検討しました。情報を丁寧に掬った結果、YAMAHA THR10 が候補に残りました。本当はノーマルタイプのTHR10のベージュの色合いが好みだったのですが、どうせエフェクターを噛ますのだからとクリーン専門の黒いTHR10Cを選択しました。

実際に音を出してみると、スピーカーの口径以上の豊かなサウンドが鳴り響きます。爆音を出さなくても満足できる密度の濃い音質です。空間的な広がりも申し分なく、弾いていて楽しいアンプでした。モデリングされたアンプをいくつも選べるのですが、ツマミはだいたい DELUXE か CLASS A でした。これならノーマルでもよかった。

これにMOOERから出て間もないデジタルプリアンプを繋ぐと好みのサウンドが出てきました。
このMOOERのプリアンプは実に良かった。ブギーモデルの008とフリードマンモデルの012を持っていましたが、フリードマンモデルはクリーンもドライブも最高に良かった。ドライブの音は木目がとても細かい素晴らしいサウンドで、実機が本気で欲しくなったほどでした。

愚人は小さな困難を克服すると、もう少しどうにかならないかと大きな欲を掻いてしまいます。

私も、トランジスタではなく、とうとう真空管アンプでギターの音を出したくなってしまいました。

しかし、今までの数多くの失敗から「小型軽量小ワット」のアンプが最低条件であり、なおかつ経済的な問題から安価であることも加わります。

そんな都合の良いモノなんかあるかと思いきや、Bugera V5 という素性の良い、理想的な小型真空管アンプを見つけ、入手したのでした。

SANTANA 1st

DSC_0427~2

私は紙ジャケット仕様のCDが嫌いだと先日ブログエリトリーしましたが、再発売時にボーナストラック仕様になったCDも嫌いです。
プラスされたトラックが、せっかくのアルバムの世界観を壊してしまうことが多いからです。

もちろん全てのアルバムがコンセプチュアルな世界観を持っているわけではありませんし、ボーナストラックに価値があることは承知しています。しかしせっかくのボーナスが、アルバムに通底している雰囲気を台無しにしてしまうのは残念でなりません。

例外もあります。日本盤だけ1曲ボーナストラックがある新譜の場合、私の所持するCDは全て「当たり」です。アルバムの世界観と多少違うと感じても、アンコールもしくは食後のデザートのような感覚で楽しめます。むしろこの曲なくして本国の方は残念ですねと思わずにはいられません。

話を戻します。

SANTANAの1stアルバムを中古でまた買いました。数年前に私が購入した「SANTNA」は、フィルモア・ウェストでの貴重なライブがボーナストラックで入ったバージョンです。ところが何度聴いても、一つの音楽的世界観が終わったあとに突然ライブパフォーマンスがくるのがどうしても落ち着かない。仕方がないので、ボーナストラックのない古い古いCDを慎重に探して今回買い改めた次第です。リモコンでポンとプレーヤーを止めれば済む話なのですが、そのひと手間が残念な気分にさせてしまうのです。

「SANTANA」は、その後のギタリスト・CARLOS SANTANAを期待すると、少しがっかりしてしまうアルバムでしょう。このアルバムはCARLOSのソロアルバムではなく、SANTANAというバンドのアルバムです。もちろんCARLOSのギターは泣き叫んでいますが、それがアルバムの全てではありません。

世界史や世界情勢、ワールドミュージックに不勉強なので間違っているかもしれませんが、このデビューアルバム「SANTANA」の世界観は「ラテン」ではなくてアフリカだと感じています。ジャケットのライオンもラテンアメリカの生き物ではありませんし…。2枚目の「Abraxas」の世界観とは随分と趣が異なります。

でもそんなことさえ、このアルバムを貫いている勢いの前には意味をなさないのかもしれません。ただただ熱い「バンド」のパフォーマンスに無我夢中にさせられてしまい、気がつくとアルバムは終わっています。音楽に心が奪われる至福かつ濃密な37分です。

CDを聴くとは一つの音楽的世界観を味わうことです。やっぱり余韻は必要です。CDは単なるデータの集合体だと私は思っていません。

フォークギターの思い出

strings2_a01

私が小学生のときです。

矢野顕子嬢がDJをしていた「若いこだま」に高中正義氏がゲスト出演し、新譜の「TAKANAKA」が特集されました。子供ながらに衝撃が走り、自分もギターが弾きたいと思いました。しかしお小遣いは月に千円もなく、子供がアルバイトをするような場所もありません。


住んでいた町には楽器店はなく、隣の街の楽器店は子供がヒョイと入れるような雰囲気ではありません。親と一緒に街に出たときに、ショーウインドウ越しにエレキギターを見つめるのが精一杯でした。


中学生のある日曜日、ギターを買ってやると父親が突然言いました。そして郊外にあるディスカウントショップで、父親の買い物のついでにギターを買ってもらいました。無名メーカーのフォークギターです。当時はニューミュージックが流行っていたので、ギターといえばフォークギターのことでした。

天井から吊り下がっている何本かのギターの中から、どう選んだのかは記憶にありません。エレキギターはダメだということで、選択肢はほぼなかったように思えます。


思い返すと、まるで円柱を二つに割ったような丸くて太いネックでした。しかし比較仕様もなく、ギターのネックはそういうものだと半ば信じていました。

入手して間もなく弦が切れましたが、せめてもとエレキギターの弦を張りました。エレキの弦はフォークの弦よりも細くて柔らかいので、Fコードで挫折はしませんでした。しかしナットの溝が太かったせいで、いつも音がビリついていました。


フォークギターの教則本を買いましたが、興味のない歌ばかりでした。妹が買ってきた芸能雑誌のソングブックを見ながらジャカジャンと掻き鳴らしましたが、歌伴がしたいわけではありません。


やがて高中正義氏のブームが到来して、譜面も売られるようになりました。

お小遣いを貯めて譜面を購入し、やっと希望が叶うと喜んだものです。しかしカッタウェイのないフォークギターではハイボジションのフレーズは弾けません。ローポジションで弾けるフレーズだけは繰り返し練習していました。


高校入学を機にエレキギターを入手してからは、天袋に入れたままでした。帰省した折に手持ち無沙汰で引っ張り出して弾くこともありましたが、数年前の改築のときに粗大ごみとして処分されたようです。私にとって記念すべきギターのはずですが、惜しむ気持ちは不思議と湧きませんでした。


(イラスト・ポップさんからイラストをお借りしました。)
https://illpop.com/png_musichtm/keyboard_a15.htm


Fender USA 65 Princeton Reverb“Surf-Tone Tangerine” FSR

Gibson ES-335 を入手しましたが、手持ちのギターアンプは Roland JC-20 でした。これでは余りにも不釣り合いです。グレードアップが必要だなと思慮していたときに、オークションで Fender USA 65  Princeton Reverb の限定品が出品されました。

通常の Princeton Reverb はルックスが黒いのですが、この限定品は白+オレンジ色の爽やかなトーレックスに身を包んでいます。
スピーカーユニットも通常ならば Jensen C-10R であるところが価格約2.5倍の P-10R が搭載されています。
状態は極上で、尚且出品価格は並といったところでした。

やはりこれも今逃したらもう手に入らないと思い、そのとき所有していたギターとアンプとを資金源にして落札してしまいました。 

しかし初めて所有した真空管アンプだったので、ソリッドに比べて取り扱いに手間がかかることに戸惑い、またボリュームの調整が難しくてちょっとしたことで爆音が轟いてしまういことにも不満が高まり、碌に使わないまま ES-335 と同じ時期に売りに出してしまいました。

直ぐに買い手が付き、購入価格とほぼ同額で引き取られました。つまりは無料で真空管アンプの勉強させてもらったようなものです。

Fender の音、JENSEN の音が、あまり自分の好みでないことを教えてくれたありがたいギターアンプでした。

fender_princeton (16)

Gibson Memphis / Limited Run 2015 ES-335 Figured Indigo Blue


私が中高生の頃は、エレキギター = フュージョンでした。
私は今でも高中正義ばかり弾いていますが、増尾好秋・渡辺香津美・和田アキラも大好きで、少ないお小遣いで彼らのレコードを買い、ギターの耳コピーに励んでいたものです。もちろん難しすぎて正確なコピーなんてできませんでしたが。

当時のフュージョン界のトップ・ギタリストは Lee Ritenour と Larry Carlton で、共に Gibson 335 をトレードマークにしておりました。
その頃はプロでも10万円台の国産ギターを使っていたのですから、30万円を超える Gibson や Fender は今では考えられないほどに高嶺の花でした。
何時の日か Gibson 335 を購入するだけの財力と弾きこなす演奏力を身につけたいと少年きんたこは願っておりました。

そののち人並みに就職をして、10万円程度ならば自由に使える財力がつきました。嘗て欲しくても買えなかったギターを購入しては下取りに出すことを30年近くも繰り返して、これだというお気に入りのギターが定まってきました。
 
ヤマハのSG800とSC3000です。この2本のギターはネックの具合といいコンターのバランスといい、なによりルックスが絶妙に私の好みでした。

guitars_(29)

この2本をメンテナンスしてこれからも使い続けよう。磨り減ってしまったフレットは打ち直し、使い難くなったペグも交換しよう。古くなったコントロールポット・キャパシタと配線材もグレードアップしたい。そして量産品にない美しいカラーでリフィニッシュすれば、本当の一生モノのギターになるはずだ。

しかしヤマハのエレキギターにはオリジナル・パーツが多用されており、劣化して交換が必要になっても入手が困難もしくは高額になることがわかりました。またメンテナンスとリフィニッシュを敢行すると、本体価格を大きく超える費用になることも判明しました。

確かに愛着のあるギターは大切にしたい。しかし同じ金額で新品の Gibson や Fender が買えるなら、そちらの選択のほうが良いのではなかろうか?

あるときイシバシ楽器のサイトを眺めていると、ブルーのシースルーが美しい Gibson ES-335 が数量限定で販売されていることを知りました。

うつ病の症状の一つに精神が不安定かつ強迫性を帯びることがあげられます。

このギターの発売を知ったのは運命的だ。少年時の憧れがここで叶うのだ。この機会を逃したらもう二度とこのギターを手にすることができないだろう。これは是が非でも手に入れなければ…。

札幌の楽器店には並ばない特別なギターです。ネットの限られた情報だけを頼りに、無理矢理なローンを組んで購入してしまいました。

そして「少年時の憧れ」が届きました。逸る気持ちで荷解きをしてギターを手に取りました。

…!

ディスプレイで見たのとブルーの色合いが全然違う!
杢目もなんだか魅力を感じられない!
抱えてみると今までのソリッドギターよりも大きく、コンターもないのでホールドしにくい、プレイしにくい!

認めたくなかったのですが購入は失敗です。ES-335 は私ごときが所有できるギターではなかったのです。
更に憧れが強過ぎて、弾くのがもったいないといった気持ちが強く、ケースの中に仕舞い込んだままとなりました。

結局、都合10時間も弾いていないのに、ローンが終わるやいなや売りに出してしまいました。

gibson_es335 (1)







Bugera V5

DSC_0075


YAMAHA THR-10C はとても良いギターアンプでした。実機を見ずに評判だけで購入したのですが、サイズを超えた出音は実に素晴らしかった。
しかし、口径の小さなスピーカーの音圧は物足りないものです。やがて「もう少し大きな口径のスピーカーでもっと豊かな音量を鳴らしてみたい」といった欲を掻きだしました。

THR-10C や MOOER の真空管アンプのモデリングの音で弾いていると、やはり本物の真空管アンプを使ってみたくなります。
ネットで検索してみると、Bugera V5 なる出力5Wの真空管アンプの評判が頗る宜しいのですが、取り扱いのサウンドハウスでは品切れを起こしていました。

そんな折メルカリを覗いてみると、ちょうどスピーカーユニットを JENSEN に、ケーブルを Belden に、そして真空管をGrooveTube にと基本的なモデファイを施している Bugera が出品されていました。

適価だったので、迷わず購入しました。

届いたアンプを鳴らしてみると、こぢんまりとはしていますが Thr-10Cでは体感できない底力のある音が出てきました。ここで満足できればよいのですが、JENSEN C8R-4 のキラキラした音がどうしても気に入らない。もっと腰を落とした太ましい音にしたい。

ヒントを求めて再びネットで検索すると、アメリカにある Bugeva V5 のフォーラムを発見しました。翻訳しながら読んでいくと、とても興味深い実践が幾つも掲載されています。

先行実践に倣って、各パーツを毎月のように少しずつ換装しました(所謂「玉転がし」も経験しました)。Bugeva V5 は手塩にかける価値のあるアンプです。パーツの傾向を熟慮しながら交換すると、ますます自分好みの「良い」音に変貌していきます。

結果、

プリ管 Tung-Sol 12AX7
パワー管 Groove Tube EL84S(rating 10)
スピーカーユニット Eminence 820H
スピーカーケーブル Belden #9497
電源ケーブル アクロテック+フルテック(ロジウムメッキ)

といった、豪華な布陣のモデファイが組み上がりました。

しかし手を入れれば入れるほど、コストがどんどん嵩んできました。気がつけば本体価格以上の金額を費やしているではありませんか。しかもコンデンサーの追加だ除去だといったモデファイしたいところがまだまだあるときている

そんなとき MESA-Boogie の中古美品が、アナログレコードを処分して得たお金と同じくらいの額で売りに出されました。
グズグズ考えている時間はありません。エイッと決断して買い替えてしまいました。

私が予てから欲しかったアンプは MESA-Boogie でした。本命があればそれでもう十分です。そして本命にはメンテナンスは必要ですが、モデファイは不要というのが私の考えです。

モデファイの楽しさを教えてくれた Bugera は、MESA-Boogie を購入する貴重な資金の一部になりました。

ZOOM / RT-223

zoom_rt223

ギターの練習のお伴に ZOOM / RT-223 を愛用しています。

以前は、初代にあたる ZOOM / MRT-3 を使っていたのですが、どうしても微妙な点で気に入らなかったのですね。
ドラムの音色や音圧、出音のタイミングになんだか「気」が合わない。うまく調整すれば良いのかもしれませんが、リズムマシンを扱う基本的なスキルがなかったので使いこなせない。
終いには面白くないどころか苦痛にさえ感じてしまいました

これでは音楽の練習にはなりません。
暫くの放置の末、オークションで売却してしまいました。

そのような件があったにもかかわらず、このRT-223には強い購入意欲が何故か湧きました。勘が働いたのですね。しかしグズグズしているうちに、実機に触れることもなく RT-223 は廃盤品になってしまったのでした。
きっと新製品が出るのだろうと思っていましたが、後継機はリズムマシンの機能が縮小されたMTRに統合されることが確実となり、残念でしたが購入を諦めました。

その後、本格的なドラムマシンやソフトウエアなども検討したのですが、トレーニングマシンにおいて手軽さこそが最重要であると気がつきました。私はハウス・ミュージックを演りたいのではないのです。ギター練習に付き合ってくれる楽しいお伴が欲しいだけなのです。
そこで遅ればせながら RT-223 の中古美品の購入することを決めました。

入手はとても簡単で、オークションであっさり廉価で落札・入手しました。
いざ実機に触れてみると、流石に最終形態だなと思わせる造りです。とにかく扱いやすい。音色も音圧も出音のタイミングも「気」が合いました。
リアルタイム入力の補正力が抜群です。パッドを叩く力加減に気を使う必要もありません。次々とパターンを打ち込んでは微調整を施して、満足のいくリズムトラックを作っています。

これはもうギター練習の必需品です。これ以上の逸品が今後発売されるのでしょうか?

難点は、基板直付の内蔵電池が消耗してしまうとジャンク品になってしまうことです。腕に覚えのある人はソケット式に改造しているようですが、自分にはできそうもありません。

そのとき、ZOOMが対応してくれれば良いのですけれども…。

高中正義 “BRASILIAN SKIES 40TH”

DSC_0362~3


先日(19日/金)、高中正義氏のコンサートに妻と出かけました。高中氏の北海道公演は長いことありませんでしたが、「スーパースタジオライブ」のイベントで来札して以来、この3年間は「わくわくホリデーホール」でコンサートを毎年行っています。
高中ファンの掲示板を覗くと、今年はセットリストもプレイも非常に良いということで、彌が上にも期待が高まります。

3年前は2階席中央、去年は中央2列目、今年は右3列目と、チケットの手配が迅速だった為か非常に良い席を毎回確保しています。

思い返せば高中氏のコンサートを初めて観たのは、横浜スタジアムで行われたギター・ファンタジア82のツアーでした。スタンドの一番後方の席だったので、ミュージシャンは全然見えず、手拍子は左から右にドップラー効果のように流れてしまう感じで、ただただ「イベント」に参加しただけのようでした。その35年後に、毎年こんなに近くで氏のプレイを見られるなんて想像だにしていませんでした。

左右のステージいっぱいの所に腰掛けて高中氏がプレイをする曲があるのですが、もう本当に目の前でのプレイでしたよ。

雑誌やビデオでしか見たことのないSG-Tが!ブルーのSGが!目の前で実際に音を奏でている!

今年のステージセットは、高中氏を取り囲むようなアンプ・エフェクターラック群がコンパクトになっていて、随分スッキリとしていました。シールドがワイヤレスになっていたせいか、ストラト(ジェフ・ベック・モデル?)の音がギンギンときつく感じられ、何時もの「高中サウンド」ではないように感じました。二台のSGはそれぞれ太くて安心できる音でした。

東芝時代のナンバーもあり(そのためのアマゾンズですよね)、「あぁ、高中正義を聴き続けてきて良かったなぁ」と感じ入る充実のひと時でした。

アンコールの締めは、新調したらしい七色に輝くSGを使い、あの被り物をしたままで、ドラマチックで速いパッセージもある、あの難曲かつ名曲でした。武道館で見ることができなかったあのステージ(チケットを持っていた友人がナント誘ってくれたのですが、当日高熱を出してしまい、あえなくファンでもない第三者に流れてしまいました)が、今目の前で再現されている!事前情報がありましたが、胸に熱くこみ上げてきましたね。
七色に輝くSGのネック裏がよく見えたのですが、ピカピカとシルバーに光り輝いておりました。全くの新品ですね。今後、披露する機会はあるのかしらむ。

このコンサートは恒例によって、春にDVDで発売されるのでしょう。とてもとても待ち遠しい思いがします。

DSC_0364~3



Recent Comments
  • ライブドアブログ