DSC_0003~2

明けましておめでとうございます。平成最後のお正月となりました。善良な人々にとって、平安を心の底から実感できる一年になりますよう、ご祈念申し上げます。

私は精神薬を飲んでいるというのに朝からお酒を飲んでまったりしています。依存しないように十分気をつけているのでご安心ください。どうせ永くはない命、我慢と遠慮の狭間でうまくやっていきましょう。

さて、ようやく初詣に参り、年賀状の返信を書き、正月気分も払拭です。遅ればせながら今年最初のCDは「ギター・ワークショップVol.1」。

オリジナル曲が収録された各人のソロ・アルバムを持っているので永いこと購入を躊躇っていました。昨年、CDのまとめ買いをしたときに入手しました。
聴いてみると全体的なバランスがとてもとれていますね。詳しくない人が聞けば、誰かのソロ・アルバムかと思うのではないでしょうか。ソロ・アルバムならば、物凄く完成度の高い作品群です。

渡辺香津美が顕著なのですが、ソロ・アルバムよりもフレーズが難解ではなさそう。どの曲もギターを手に取り弾いてみたくなるものばかりです。その中でも山岸潤史が特に素晴らしい。圧倒的なエネルギーを放出したプレイで、コピーできたらいいなぁ。

ただしどの曲もフェードアウトが極端で、まだまだ熱くなるプレイが続くなかで終わってしまいます。そこがこのアルバムの大きな瑕疵ですね。

あの頃のギターは当時的には難しいものでしたが、現在からすれば
基本的なプレイにさえ聞こえる感じがします。奏法自体は随分と高度に、そして複雑になりました。しかし聞いていて心が熱くなるのは、あの頃の曲ばかりです。そんな名曲を一曲でも多く弾けるようになりたい、この一年です。