きんたこブログ

オーディオとギターとコンピュータを愉しんでいます。

2019年06月

MA6900の修理が始まる

DSCN1022~2

McIntosh MA6900 が、我が家がある札幌から、修理をお願するヴィンテージオーディオ堂さんのある大阪に今日届いたようです。
発送したのは日曜日でしたので、わずか三日で届いたことになります。あんな大きくて重いモノを5k円で運んでくれるのですから、日本の物流パワーはスゴイものだと改めて感嘆しています。

ヴィンテージオーディオ堂さんからの気になる第一報は、「アンプの中で異音がする」とのことです。なにやらとても心配です。

購入し搬入して以来、アンプはほぼ20年微動だにしませんでした。発送するために、本当に久しぶりにアンプをラックから降ろしました。
余りにも重いので、ひとりでは純正の箱の中になんとか収めるので精一杯でした。ヴィンテージオーディオ堂さんに指摘されましたが、正しい梱包方法ではなかったようです。

これから2週間ほどかけて点検をするそうです。製造されてから20年も経過したアンプなので、くたびれているところも多いことでしょう。

修繕費に余裕はないのですが、これからの20年も愉しませてもらえるように治すべきところはキチンと修理してもらい、リフレッシュして返ってきて欲しいと願っています。

Goodbye for a while, MA6900.

DSC_3678

昨年の9月に最初の連絡をとって以来、いよいよMcIntosh MA6900 の修理が実現の段階に入りました。いろいろと探索した結果、大阪にあるヴィンテージオーディオ堂さんに修理をお願いすることにしました。

ランプのLED化が当初考えていたよりも高額(ネットで得た知識とはそんなものです)だったことで資金繰りに困窮しましたが、この後20年は使い続ける覚悟なので一所懸命に蓄財して、ランプの交換だけではなく、メンテナンスもお願いすることにしました。

アンプの不調があってから、音楽はオーディオを使わないでコンピュータで聴いています。BOSEのスピーカーを奢ったこともあって基本的には満足しているのですが、やは大口径のスピーカーでドンっと大音量を出したい欲は抑えきれません。

資金に余力があれば、広島の山手サービスの高橋さんに相談をして、WADIA 850 の音質改善も視野に入れています。

オーディオに関しては、現在のラインナップが自分にとっては多分最強なので、今後はこの機器たちを活かす方向でのメンテナンスやチューニングを行う予定です。

ネット配信にはそれなりの価値を見出していますが、やはり円盤は恋しい。

早く入手しないと、予想よりも早くCDは絶滅するかもしれません。廉価盤が数多くリリースされている今がチャンスなのかもしれません。節約しなくっちゃ。
livedoor プロフィール

きんたこ

オーディオ・ギター・音楽が大好きな、文学崩れの鬱々おじさんです。毎朝、ひふみ祝詞を奏上して、納豆・バナナ・ヨーグルト・リンゴ黒酢とレモン黒酢を義務感の如く食しています。

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。