2015年02月

MR.BASSMAN / 後藤次利

IMG_0822

いいえ、奇跡は起きたわ!

なんと「MR.BASSMAN/後藤次利」がCD化されました。以前から、ソニー時代の作品群がボックスで発売されたときが、ビクター時代のCD化のチャンスだと思っていました。しかしビクターに全然その気配がないので諦めていたんですよね。ただ、タワーレコードが精力的に初CD化の盤をリリースするので僅かな期待していたところです。

思考は実現化する!

ヤフオクでも高価な取引が続いていた「ON BASS」とともにCD化ですよ!ソニー時代のボックスセットも再販したようです。めでたい!世の次利ファン、一斉に祝杯を挙げよ。

もうね、嬉しいのでね、隣人からの苦情覚悟で、庭先で100発ほどポンポン花火でも打ち上げたい気分ですよ。

というわけで、アナログレコードを棚から引っ張り出してライナーを片手にCDを聴いております。

後藤次利の弾くぶりぶりなBCリッチのベースがてんこ盛りで炸裂。スペクターもいいですけど、誰か彼の食指が動く程度のよいBCリッチのベースを提供してあげてください。後藤次利ほどBCリッチの音が似合うミュージシャンは居ない。

リマスターの音質はやや高音よりかな。前回も記しましたが、リスニングルームをもっと低音で満たしたいのでスーパーウーファーを導入したいぐらいです。

残念なのはオリジナル盤にはあった今野雄二のノートががないこと。いろいろな事情があることは想像に難くないが、新規でもイイからなにか文字情報も載せて欲しかったなぁ。

でもCD化自体が奇跡!大好きな「GOTTA GIVE IN」を聴きながら、べろべろになっています(^ー^)v

The Night Flight / 八神純子with後藤次利

IMG_0821

なんだかソニーの悪口に偏ってしまっているので、ここで修正。
ソニーはイイ新作をリリースしてくれています。

「The Night Flight/八神純子with後藤次利」などは、その筆頭ですね。

八神純子の、その衰えない歌声と後藤次利の悶絶ベースの組み合わせ。それを支える松原正樹・佐藤準・村上秀一の面々の確かなプレイ。この芳醇な音楽がブルースペック2の高音質でCDに封じ込まれています。

八神純子の歌は知ってはおりますが、CDを購入するのは初めてでした。これは購入して”当たり”でしたね。オーディオ部屋にウィスキーを持ち込んで、ちびりちびり飲みながら聴けば、まるでライブハウスにいるかのようってのは言い過ぎ。

どうも肝心のベースの音がよく聞こえない。いやスピーカーからは出ているのですよ。しかし地を這うようには響かないのです。
ウーファーの真ん前にいればドスドス響きますので、どうやらスピーカーのセッティングがよくないようです。しかしこれ以上動かしようがないのも事実。

安いスーパーウーファーの導入を真剣に考えております。

追記−「パープルタウン」を爆音で聴いていると「にゅ〜うぅよーく」と妻が歌いながら部屋に乱入してきます。
「おやじが風呂場で入〜浴」とか適用な歌で返して紫に煙る夜明け。

アコースティック ムーン / Rajie

IMG_0816

まったくタワーレコードには参りますm(_ _)m。

(株)ブリッジ専売だったRajieの復刻版をリリースしてくれました。例のソニーの企画モノ販売です。このソニーの企画モノはひっそりと企画され、販売し、そして廃盤となり、プレミアム価格になるという悪しき代物です。

今回はタワーレコードで求めることができるようになったので購入できました。よかった。5枚発売されましたが、1st,2ndは持っておりますので3,4,5とお買い上げ。暇を見つけてはちょこちょこと聴きまして、ようやく今日全部聴き終わりました。

3,4は完全に高橋ユキヒロの世界でした。頭の中で鳴り響くユキヒロの例の歌声のイメージにRajieの歌声が勝てていない。テクノサウンドもRajieの無菌な歌声にはまりすぎてしまい、きんたこには退屈でした。作品は悪くないのですけれども…。難しいモノです。

それに比べて、この「アコースティック・ムーン」はとてもイイ感じ。作品もバリエーションがありますし、なによりもヒューマンな演奏がイイ!Rajieの透明感溢れる歌声が生き生きとしていますね。

ギターの今剛はいい仕事していますなぁ〜。
そして後藤次利のベース。フレットレスでのソロがあるのですが、現在のプレイと同じ音。フレットレスというとみんなジャコになってしまいがちですが、後藤次利は違う。独特のうねる低音で攻めてきます。満足の一枚。

できれば鈴木賢司の未CD化も何とかしてくれないかなぁ〜。

Atomic Rooster / 土方隆行

IMG_0813

おひさです。

いろいろ思うところありまして筆が進みませんでした。
今年は「つまらない」情報をだらだらと流してネット社会に疎まれる存在になりたいと思います(^^;

いや〜、近年のタワーレコードの精力的な再発(初CD化)には頭が下がります。生きる希望にもなっています。

小林泉美の(ほぼ)全作リリース、大空はるみ(タンタン)初CD化、和田アキラの企画ものまで発売です。売れ行きを心配してしまうほどマニアックなリリースが続きました。
もちろん、きんたこは買いましたよ〜!

さて土方隆行のCDも、先日1st,2ndと発売になりました。1stは既に持っているので2ndを注文しました。これ、アナログでは持っているのですが、最近全然針を落としていないので、もう何年聴いていないでしょう。収録曲もほとんど忘れています。

ん〜。ですよね。マライア・プロジェクトのまっただ中にあった時期ですからストレートなロック・ギター・アルバムで済むわけではありません。
しかし実験精神に満ちあふれた毒気はうまい具合に薄まっております。もちろんポップに溢れているわけではありませんが、途中で盤を止めてしまうことはありませんよ。

今年もタワーレコードの動向には目が離せません!
Recent Comments
  • ライブドアブログ