2011年04月

Harmonix X-DC10SM

Harmonix X-DC10SM(Studio Master) 1
転勤先の居心地がよいためか、休日に泥のように眠ることがなくなりました。ストレスの怖さの認識をあらたにしているきんたこです(-゛-;)

活動可能時間に余裕ができたので、オーディオに触れる時間が増えました。さて、オーディオは弄り始めると止まらなくなるのが困ったところです。ヘッドホンアンプのbeyerdynamic A1はRCAケーブルをS/A LABからOrtofon Reference 7NXに先日交換したばかりですが、電源ケーブルもオヤイデのTUNAMI GPX-RからHarmonix X-DC10SMにチェンジしてしまいました。( ´ ▽ ` )ノ

TUNAMI GPX-Rは、購入したときにアンプなどに繋いで試聴しております。マッキンMA6900には力足らず。beyerdynamic A1では高音の切れがよく総合的に優れているのですが、その鋭利な音が聴き疲れをさせてしまうのです。RCAケーブルをOrtofon Reference 7NXに換えたことで、その傾向が強まりました。あぁきんたこはHarmonixの電源ケーブルの音が好きなんだなぁ〜。マァ、キキナレテイマスカラネ(^^;

これで、きんたこシステムはインテグレーテドアンプ・ヘッドホンアンプともどもHarmonix X-DC SMになりました。セッティングの関係で、今回入手したDC10をマッキンMA6900に、所有していたDC15をA1に繋ぎました。ヘッドホンbeyerdynamic T1から溢れ出る音はなんとも好ましい。いつまでも聞いていたい音です。これはめでたい、みなのもの宴を設けよ、酒じゃ酒!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

SONY FMアンテナ AN-2

IMG_4920
通勤時間が自家用車で片道1時間ぐらいになり、CDをカーステレオで片っ端から聴いているきんたこです( ´ ▽ ` )ノ

本当はFMラジオを聞きたいのですが、通勤時間帯はあまり好みのプログラムではありません。それでもラジオを聞かないとなんとなく物足りないので、自室で聞くようになりました。チューナーはアンテナ端子に繋いでいますが、TV用のために受信状態がよくありません。ステレオでの受信は不可。モノラルでなんとかといった状態です。しかしホンモノのFMアンテナを立てるほどではない(アンテナ設置料金が1万円近くする!)ので、安いFMアンテナ線を買いました。

SONY AN-2はネットショップで見るとしっかりとした造りですが、実物はなんともチープ。おまけのアンテナでした(-゛-;)。がっかり。

早速接続。受信状態は少しはよくなりましたが、依然としてステレオ受信はきつい。アンテナを張る位置を90度変えてみましたら、おぉ正解でした。ノイズもなく受信できました。しかし受信できるのはNHKとAir-Gのみ。あとはノイズが入ります。

Air-Gしか聴かないのでこれでいいや。

Ortofon Reference 6NX

2011-04-02-202850-~2

転勤して1週間が経ちました。同じ北海道の機関ではありますが、いろいろと異なる点があり、途惑いそして疲れたきんたこです(瓠譟`瓠法繊

さて、こんな時でのオーディオネタです。

ヘッドホンでCDを聴く機会が増えたのですが、スピーカーで鳴らすよりはなんだか音がきついのです。しまいには聴き疲れしてしまいます。
あれこれと考えたのですが、結論としては「マッキンからbeyerdynamic A1 に繋いでいるRCAケーブルがS/A LABなのが原因であろう」ということになりました。

かといって高価なケーブルは、コストパフォーマンスと財政的な問題で購入はできません。で、以前使ったことがあり、音質が好みのメーカーの中古品を買うことを検討しました。

耳に優しくかつ力強いという点ではHarmonixが一番なのですが、如何せん高い。次点としてOrtofon Referenceが有力です。オークションやショップの通販で調べると、6NXなら1万円しないで購入できます。九州のショップからサクッとネット注文で購入し、4/2に届きました。

早速繋ぎ換えたところ、高音のきつさは和らぎ中低音が豊かになりました。これはイイ!この時点でOrtofonがレギュラーです。

しばらく気分よくCDを聴いていたのですが、ふと現在アナログのトランスに用いている7NXと交換したらどうかと思いつきました。で、さっそく交換。

これは素晴らしい!豊かな中低音に華やかな高音が加わり音域全体が豊潤になりました。うーん、もう後戻りできない。

アナログとデジタルのケーブルを交換することになりました。結果、beyerdynamic T1 で聴く音楽も楽しい( ´ ▽ ` )ノ。

アナログは最近聴いていないので、これでいいのです。もしアナログでの6NXが耳にあわなければ売ってしまえばいいのです。

最近は「まずは買え!ダメなら売ればいい。オーディオ製品はマニアの周りモノ」と考えています。中古でも良いものはイイ( ̄ー ̄)。
Recent Comments
  • ライブドアブログ