きんたこブログ

オーディオとギターとコンピュータを愉しんでいます。

2009年03月

SEI DO YA/鈴木茂

b545caf5.JPG東京都江東区の路上に停車中の乗用車内で大麻を所持したとして、大麻取締法違反罪に問われたロックバンド「はっぴいえんど」の元メンバーでミュージシャン鈴木茂被告(57)の初公判が17日、東京地裁で開かれた。鈴木被告は起訴状の内容を認めた。

 合田悦三裁判官は公判が1日で終わる「即決裁判」を適用。「所持量は軽視できず、使用歴を考えれば大麻との結び付きは深刻だが、前科もなく反省している」として懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。〜スポニチからの引用です。

鈴木茂の未購入のCDを早く入手しなければ今後の確保は難しいと先日のブログに書きました。これがそのCDです。オークションであっさり適価で入手できました。
届いたCDは、再生には支障がありませんが細かい傷が多く指紋がべったりと、最近では珍しいくらいに手入れをしていない出品物でした。はやる気持ちでプレイ。おぉ、これは!きんたこは洋楽ロックに明るくないのでよく分かりませんが、TOTOあたりのロックテイスト?なのかな。今までの「鈴木茂」とはかなりサウンドが異なります。実は先日からこのCDを毎日聴いています。かなり気に入っているんですよ。
今日はレイカを使って丁寧にクリーニング。べったり指紋の盤面もぴかぴか(ではない、傷が多いから…)。スピーカーから出てきたサウンドは一皮剥けてさらに良好!やっぱり入手した、特に中古のCDはきちんとクリーニングしなければ、ね。

FOL電源エンハンサ/HWT

937dc6e3.JPG稚内在住のオーディオ仲間、かにぬーさんのブログで興味ある製品が紹介されていました。
http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-912.html
「FOL電源エンハンサ/HWT」です。

今年に入ってから着々と進めていた「オーディオ悪いこと計画」の詰めとして、この製品の導入を決定しました。これでオーディオ関連の新規購入は当分なしです。気合いが入ります!

先ほど届きまして、さっそくTX-2000に繋いでみました。チェックディスクはなんとなく「HEAVY SOUNDS/ELVIN JONES」。しかしチェックディスクとしての実績が浅いので、変化が分かりません。やはりここは定番の「Bags meets Wes!」ですね。何回か抜き差して確認しました。確かに繋いだ方がウェスのギターの音の立ち上がりがマイルドになるなぁ〜。しかし劇的な変化はうちのシステムでは感じられません。同梱されている説明書を読むと「40時間を超えるくらいで100%の能力を発揮」とあるので、しばらく放置プレーですね(^^;まぁうちのTX-2000にはACエナコム、QUIET LINEも繋がって、フィルター過剰気味なんですが…。

先日のアコリバのIP-2Fもそうですが、一ヶ月後が楽しみです。
どうかイイ具合にエージングしますようにζ\(_ _)

【追記】と、ブログ・エントリーしたら、なんだか音がどんどん良くなっています。おぉ、ひふみパワー?ただのプラセボ効果?どうでもいいんです、そんなこと!好みの音が聞こえてさえくれればヽ(´▽`)ノ

CB-1DB/ACOUSTIC REVIVE

5c97a461.JPG先日のCSEオーディオグレードコンセントの交換に気をよくして、コンセントベースを導入しました。各社から類似品が出ているので、これまたいろいろと悩みました。しかし悩んだときにはアコリバ(^^;初期製品よりもグレードアップされたCB1-DBにしました。
さて壁に装着なのですが、これが付属のねじでは差し込むのが大変!長さが足りないので、壁の中のねじ穴に食い込みにくいのです。2時間の格闘の末、付属品の使用を諦めました(^^;で、近所のホームセンターにてM4×60のなべ小ねじを購入。100円也。それでも思うようにははかどらずに1時間近く格闘続行。あれこれとしているうちにようやくねじが噛んでくれて装着終了。こんなに苦労するとはゆめゆめ思いもしませんでしたよ。
で、肝腎な音なんですが、…よく分かりません(^^;
多少音像がくっきりしたかなぁ〜とは思うのですが、先日のコンセント交換を凌駕する効果ではありません。ブレーカーを落として作業したので、「復活」には時間がかかるでしょう。数日後にははっきりとした違いを聴かせると思いますが、手間を考えると外すことはもうできません!ので、コンセントベースあるなしの比較試聴なしでこのままです。
「電源周りにこれだけ気配りをしたんだ」という心理的な満足度は高いので、これでイイのだ!

IP-2F/ACOUSTIC REVIVE

0dbc89f3.JPGアンプに挿したアコリバのSIP-8が効果的であったので、以前からCDプレーヤーの出力端子にIP-2Fを導入したいなぁ〜と思っていました。
年度末で忙しいのにもかかわらず(だからこそ?)、「オーディオ悪い計画」を着々と進行させているきんたこにとって、この出力端子の処理も重要課題でした。候補は数点あったのですが、信頼性(^^;を重視してアコリバのIP-2Fを購入しました。はやる気持ちでWadia850のRCA端子に差し込みます。スクリュー方式やfoQの採用など、なるほどSIP-8よりも手が込んでいますな。…しかし、出てきた音はそれほど驚愕の音ではありませんでした。確かにSIP-8 も効果的であったのはCD端子への装着で、それ以外は劇的ではありませんでした。プレーヤーへの対策ということもあってかなり期待していたんですよね〜。実はこの他にも2セット用意しまして、アンプの出力端子にも全てIP-2Fを挿し込みました。アンプの端子はSIP-8とIP-2Fで総入れ歯みたいになりました。効果は…微妙です、とても…(^^;ただ、この手のはやはりエージング効果もあるので、数日後に外して音の変化を確認してみます。

エージングといえばSPエナコムです。しばらくぶら下げた状態でいましたが、取り外してみました。結果、これを外すと音ががさつになるんですよ。ぶら下げている方が艶やかでイイ感じ。以前のJBL 4312Mk2では感じられないものです(その後のスピーカーは諸事情で装着しませんでした)。こりゃ〜、外せませんね!
やっぱりシステムを変更すると、以前効果的でなかったアイテムも「お宝」に変貌しちゃうんですねぇ〜。(悪い計画の一環で、ホームページを現在リニューアルしております。アクセサリーもその後のインプレッションを追記する予定です)
livedoor プロフィール

きんたこ

オーディオ・ギター・音楽が大好きな、文学崩れの鬱々おじさんです。毎朝、ひふみ祝詞を奏上して、納豆・バナナ・ヨーグルト・リンゴ黒酢とレモン黒酢を義務感の如く食しています。

Recent Comments