言語学が輝いていた時代

c2675e43.JPGきんたこは鈴木孝夫の著作は大好きで、入手可能な安価な著作はだいたい揃えています。ぼくの言語観(いや思想かな)に多大な影響を与えている人です。今回、田中克彦との対論(!)ということで購読したわけですが、「対論」ではないですね(^^;ぼくは「てめー、ぼけ!だからダメなんだよ!!」といったバトルを期待したのですが、ホストの田中克彦がゲストの鈴木孝夫の思想を導くと言った内容でした。鈴木ファンとしては既に言及されていることが大半なので「再確認」といった点で有意義でしたが、初めて鈴木孝夫に触れる人にはどうかなぁ〜と思います。
実は田中克彦の著作は「ことばと国家」「言語学とは何か」しか読んでおらず、しかも随分前にそれぞれ一度読んだきりなので改めて田中克彦を読もうという気になりました。
しかし二人してソシュールもチョムスキーもばっさり斬ってしまい、しかも「言語学は科学ではない!」と言われてしまうとなんだか(´・ω・`)と言う気になりますなぁ〜。

オキシジェンデストロイヤー

222bbab1.JPG不思議なもので、欲しいものはいつもひょんな偶然で入手できます。きんたこは、このたび入手困難な「X星人の円盤」と「オキシジェンデストロイヤー」を入手できました。まぁ毎日検索しまくって網を張ってはいたのですが、ほぼ同時期です。ガレージキットではないので精密さはありませんが、ぼくにはこれで充分。
「怪獣博物館」、遅々として更新できません。まぁ趣味ですから急ぐことはないのですけれども…。

sadistic mica band

585fe096.JPG今日のきんたこはDVD「sadistic mica band」を観ました。純粋なライブフィルムではなくメンバーのインタビューが所々に挟まっていますが、散漫な印象はなく、ライブアルバムですっぱりカットされていたMCも入っており、これはこれで面白いなぁと思いました。今回のライブの下敷きのアルバム「NARKISSOS」もミカバンドらしい傑作でした。最近日本の大御所は枯れているなぁ〜と思っていたのですが、その偏見を覆すに十分な内容。できれば映像はあるのですから、まるごとライブ盤も出して欲しいですね。

お知らせ

このブログは本来の趣旨から大きく外れてしまいました。もう一度原点に立ち戻りたいと思います。

きんたこブログ、はじめました。

「きんたこのオーディオノート」の分家です。
http://www.geocities.jp/golden_octopus/index.html

オーディオの話題を中心に、ジャズや怪獣映画のレビューを綴っていきたいのですが、
多分、今日はしんどかったとか、晩ご飯は何だったとかの周辺日記になると思います。

気楽にそして飾らずに書いていこうとおもいますので、
何か共感できる方がいらっしゃたら本家の「オーディオノート」に
ぜひ遊びにきてやってください。

ちなみにめでたく「きんたこのオーディオノート」は開設1周年を迎えました。
ひとり祝杯をあげています。
Recent Comments
  • ライブドアブログ